大学案内 information

大学沿革

函館大谷短期大学は、「柔らかき女(おみな)の心」を建学の理念に、昭和38年に開学しました。
「家政科」に続いて2年後に付設された幼稚園教諭養成所は、やがて「幼児教育科」として2コース制に。
また、家政科は昭和62年に「生活科学科」と改称され、時代の二一ズに則した2コース制を敷きました。
平成14年、全学科・全コースが男女共学の短大として新たなスタートをきり、
平成16年、生活科学科を廃止し、「コミュニティ総合学科」を開設。
平成18年、「幼児教育科」を改称して「こども学科」とし、3コース制となりました。

加盟校一覧

1963(昭和38)年4月
函館大谷女子短期大学(家政科)開学
1964(昭和39)年4月
家政科栄養士課程開設
1966(昭和41)年4月
付設幼稚園教諭養成所開設
1972(昭和47)年4月
付設幼稚園教諭、保母養成所に改め開設
1981(昭和56)年4月
幼児教育科開設
1982(昭和57)年10月
校舎新築落成
1987(昭和62)年4月
家政科を生活科学科に学科名変更
1989(平成元)年4月
専攻科(福祉専攻)開設
2002(平成14)年4月
函館大谷短期大学と改称、男女共学発足
2004(平成16)年4月
生活科学科を廃止し、コミュニティ総合学科を開設
2006(平成18)年4月
「幼児教育科」を「こども学科」に学科名変更