学科紹介 sublect

専攻科福祉専攻

  • 学科の特徴・資格
  • カリキュラム・授業概要
  • 在校生・OG・OBインタビュー

学科の特徴・資格

福祉専攻科は、国家資格である介護福祉士資格を取得するための学科です。
子供学科

介護させていただく上で必要な信頼関係を成立させ、心の通ったつながりができる人を目指します。高齢や障害で支援が必要な方でも、自分のことは自分したいと思うのが人間です。相手の話によく耳を傾け、気持ちを尊重し、自立(自律)を目指した支援をすることが不可欠です。「日々刻々の心境や身体の変化を見極め、受け止めること」また、常に他者に対して「安心、安全、安楽」を与えられる人であることが求められています。

正しい知識と根拠に基づいた実践力、さらに観察眼とコミュニケーション能力を主体的に学ぶことで体得できます。介護福祉士は「最も求められている仕事」であるという自覚し、「他者を尊重し、受容する」という気持ちを持って取り組める人となりましょう。

専攻科福祉専攻の教育方針
1.介護福祉士の養成が1年で!

保育士資格を持っていれば、1年間学ぶことで卒業と同時に国試免除で介護福祉士が取得できます。

ただし、「5年間の期限付き」なります。この期限の間に国家試験に合格するか、もしくは5年間介護職として継続勤務することで、正式に介護福祉士の資格が認められます

2.少人数制だからしっかり身に付く

四年制大学のゼミナールに匹敵する少人数制の授業だから、より深くじっくりと学ぶことができます。

主に高齢者介護に関する専門知識を学習しますが、理論や技術に留まらず、「共に生き、支え合う」福祉の心を兼ね備えた人材の育成を目指します。

また少人数制の特性を活かし、学生1人ひとりの「個」を尊重したきめ細かい指導スタイルを構築しています。

3.本科オリジナルの充実したカリキュラム

多様化するニーズに対応するため、より専門性の高い介護福祉士の養成を目指した独自のカリキュラムが充実しています。

こども学科で学んだことをより深く掘り下げ、多くの人々と触れ合っていく心や、将来必要とされる専門的知識を探求し、学習していきます。

取得できる資格

「介護福祉士」

※ただし、5年間の期限付きで、この期間に国家試験に合格するか、5年間の継続した介護職勤務が必須となります。 (本学では、在学中に国家試験を受験させる方向になると思います。)

  • 学科の特徴・資格
  • カリキュラム・授業概要
  • 在校生・OG・OBインタビュー