在校生・OB・OGインタビュー interview

先輩たちからのメッセージ

笑顔がいっぱい、素敵な仕事です。

保護者の方とのかかわりも多く、家庭でのこども達の様子を詳しく教えて頂いて保育に役立てております。感謝をして頂いた時や、こども達の笑顔を見ることが出来た時は、この仕事に就いて良かったと実感しています。こどもと毎日丁寧にかかわり、笑顔で過ごして「楽しい」と思ってもらえるような保育を目標としています。

体験から見つかるものがあります。

将来は今決めなくてもなんとかなるだろうとの思いでしたが、刻々と過ぎていく学生生活の中で参加したインターンシップが現在の仕事に就くきっかけとなりました。この会社に入りたいという目標が出来てから有意義に過ごすことができました。今はお客様が不安なく快適にご搭乗していただけるよう心掛けて業務にあたっております。夢は社内での接客コンテストでグランプリを取ることです。その為に普段からグランプリを取った先輩の接客を見て日々勉強しております。

夢を諦めない。

現在は年長組の副担任をしています。私は幼稚園の時から「幼稚園の先生になりたい」という夢を一度も変えませんでした。夢が現実となり「先生大好き!」と笑顔で言ってくれるこども達を見ると何より嬉しいし素敵な仕事に就いているなと改めて感じます。幼稚園の仕事は保育以外にもたくさんあり大変だなと思う時もあります。ただそれ以上にやりがいのある仕事なので、クラス担任になり修了児を送り出せるよう頑張りたいと思います。

その努力は必ず自分の糧となります。

学生時代の一番の思い出は、卒業研究発表会。本番をやり遂げた時仲間との絆、観客の笑顔、達成感で充実感に満ちた顔に変わった自分がいました。函館大谷短期大学は「出逢い」「学び」「つながり」「成長」がつまった場所。行事も豊富で個性を表現する場が充実しています。進んで色々な事にチャレンジしてみましょう。私は現在、恩師のいる保育園で働いています。卒園後、何年経っても自分のことを覚えてくれていた恩師のような保育士になりたいです。