インタビュー interview

OB・OGたちからのメッセージ

社会に出てから実践できる授業が多い。

インターンシップに参加した時、会社の雰囲気もよくこの会社で働いてみたいと思いました。人材開発グループで採用関係の業務を行なっています。弊社説明会、インターンシップの受け入れなど学生さんと会社の架け橋のような仕事です。人前で資料を使いながら説明する事が多いので、パワーポイントの知識やオリエンテーションの進め方など情報関連で学んだ事が即実践できた事に感謝しています。

授業で将来を見つけよう。

現在はホテル業務に携わっておりフロントはホテルの顔だと思っています。一番最初にお客様をお迎えし一番最後にお見送りする大切な仕事です。笑顔で来て頂き笑顔でお帰り頂く事にとてもやりがいを感じています。学生時代にビジネス実務・秘書学で学んだ正しいお辞儀の仕方、美しい立ち姿作法がすぐに実践できました。函館大谷短期大学は学科が少人数だからこそ、学生一人ひとりに親身になって本気で向き合ってくださる先生方が多くとてもよい環境だと思います。

つながりを感じられる学校です。

小学生の頃、学童保育の場に通っており年下のお世話をすることが好きだったので保育士を目指しました。現在は3歳児クラスを担当しています。園の行事など初めての経験で戸惑いながらも子ども達と一緒に楽しむことで自分も成長していると感じます。学生時代はテストに製作物、ピアノとたくさんのことに追われていました。行き詰ることがあっても支えになってくれた友人や先生がいてくれたおかげで笑って過ごすことができました。

光る影絵サークルお勧めです。

小さい頃から、保育士だった母に憧れて、子どもと関わる仕事に就くのが夢でした。中学校ではインターンシップで保育園に行き子ども達と触れ合うことの楽しさを実感し、改めて子どもに関わる仕事がしたいと思いました。在学中は「光る影絵」サークルにすぐ入部しました。「光る影絵」は函館大谷短期大学でしか体験することができないとても貴重なサークルです。公演で人前に立つたび自信がつき仲間と何かをやり遂げることはとても楽しかったです。

ページトップ